MENU

【情報発信】ハンドルネームをつけるときに気をつけること3つ!

ハンドルネーム

こんにちは、スカイ(sky)です。

僕はスカイというハンドルネームで活動しています。

顔出しの方が、信頼を得やすく有利であるという意見をよく耳にします。
しかし、僕の場合はどうしても職場にバレるわけにはいかないので、
ハンドルネームで活動することにしました。

そう決めたなら、いい名前をつけて活動したいと思うのが人情であると思います。
そこで今回は僕がハンドルネームを決める時に気をつけた事3つについてお伝えします。

  1. できるだけシンプルなネーミングにすること
  2. できるだけ他の人とかぶらないようにすること
  3. 必ず声にだして発音してみること

名前を決める時には、気をつけるポイントがいくつかあります。
そのポイントを押さえておくだけでも、今後の活動が順調に推移しやすくなります。
なので、名前を決める時には上記の3つのことを意識して決めてみてください。

3つに共通しているのは、とにかく覚えてもらいやすいネーミングにすることです。

それでは詳しくみていきましょう。

目次

できるだけシンプルなネーミングにすること

名前を決める時はとにかく複雑なものは避けるべきです。

短くキャッチーで一回聞いたら記憶に残るようなものをおすすめします。

漢字や英語などの名前はスタイリッシュなので、つけたいと思われる方がいるかもしれません。
しかし、人は複雑なことを嫌います。パッとみてパッと記憶に残るような、
シンプルなネーミングにすることをおすすめします。

できるだけ他の人とかぶらないようにすること

シンプルなネーミングをつけようとすると、どうしても他の人とかぶってしまう問題が出てきます。
なので、シンプルかつ他人とかぶらないようなネーミングにしましょう。

かぶっているかどうかを確かめるには、Googleで自分がつけたいと思っている名前で検索をかけてみることです。TwitterやInstagram、TikTokなのでユーザーの検索をしてみる方法も併用することをおすすめします。

ただ、全くかぶらない名前というのはシンプルになればなるほど難しいので、
両方のバランスをみながら決めるといいでしょう。

自分がこれから発信しようとしている分野で、この分野なら〇〇さんのように、
強力なイメージがついている方とかぶらなければよしとすべきでしょう。

必ず声にだして発音してみること

自分がつけたいと思う名前の候補ができたら、その名前を必ず声に出して発音してみてください。

これはとても重要なことです。

僕は、別のアカウントで以前から活動しています。
そのアカウントは、事前に発生して確認することを怠ったので重大な失敗をしました。

頭の中で名前を発声すると、すらすら発音できるのですが、
実際に口を動かして発声すると、とんでもなく発音しにくい名前だったのです。

SNSで発信していく中で、音声配信は今後ますます重要な位置をしめてくるものだと思われます。
だとすると、発音しにくく噛みそうなネーミングはとても不利になってしまいます。

なので実際に発声してみて、発音しやすいかきちんと確認するようにしてください。
頭の中だけで発声するのは絶対にNGです。

まとめ

以上、ハンドルネームを決める時に気をつけること3つについてお伝えしました。

  1. できるだけシンプルなネーミングにすること
  2. できるだけ他の人とかぶらないようにすること
  3. 必ず声にだして発音してみること

つまるところ、わかりやすくて、すぐに覚えてもらえるような名前にすることがとても重要になってきます。
おしゃれな名前もいいですが、ユーザーに親しんでもらえるには、どんな名前か考えて決めるようにしましょう。

それでは、今回はここまでにします。

最後まで読んでくださり、あいろがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次