MENU

【もしもお金の不安を感じたら】今すぐやるべきこと3つ!

青空と木の写真

こんにちは、スカイ(Sky)です。お金の不安は大なり小なり誰でも持っているものではないでしょうか。

特に最近はモノの値段が高くなり、毎日のように値上げのニュースを耳にします。かといって給料がすぐに上がるわけではありません。

この記事では、少しでもお金の不安を感じた時、手遅れになる前にやるべきこと3つを紹介します。

とはいえ、これから紹介することは
「こんなこと当たり前では。」と言われそうなぐらい簡単なものばかりです。

しかし、逆にいうと簡単なのですぐにできることばかりです。
やっておくことで後々大きな違いとなってあらわれてきます。

なので、すぐに行動することをおすすめします。

それでは3つ紹介しまします。

  1. 現状を把握する(家計簿)
  2. 余分な支出を洗い出す(節約)
  3. 給料以外の稼ぎ口を探しはじめる(稼ぐ)

以上、3つです。それでは詳しくみていきましょう。

目次

現状を把握する(家計簿)

まず最初にすべきことは、家計がどんな状況であるかを把握することです。

お金が不安といいながら、自分の貯金額が正確にわかっているでしょうか?
また、毎日生活していて気がついたら財布からお金が減っている。いつ、なにに使ったのかよくわからない。

そのような状況ならば、面倒くさいと思うかもしれませんが、家計簿をつけてみましょう。

人は、よくわからないことに対して不安を覚えます。
家計簿をつけてざっくりでもお金の流れがわかれば不安がやわらぐかもしれません。

実際、ぼくは家計簿をつけてみて、思っていたより毎月の支出額が少なかったのでちょっと安心できました。
また、銀行振込とは別に毎月支給される手当が1万円弱あり、それを計算に入れるのを忘れていました。
1万円でも毎月となると意外と安心感が得られます。

でも、家計簿をつけるのは面倒くさいし、続いたことがない。
そんな方もいることでしよう、でも安心してください。

今は、スマホアプリの家計簿という強い味方があります。

ぼくは今まで家計簿をつけようとして、何度も挫折してきました。でも、アプリを使うようになってからは、今日まで続けることができています。

続けるコツは、支払いをキャッシュレスにし、自動でアプリに記入されるようにしておくことです。
また、現金で払わざるを得ない時は、レシートの自動入力があります。

これらの機能を使えば、手動で入力せざるを得ない項目はだいぶん減るはずです。
そうなると、思ったほどは手間がかかりません。メリットを考えた場合、家計簿をつけることをおすすめします。

余分な支出を洗い出す(節約)

家計簿をつけることができるようになったら、次は節約できそうな支出を洗い出します。

ここで、気をつけるべきポイントがあります。

それは、固定費を節約するということです。
固定費とは、かんたんにいうと毎月一定の金額決まって支出があるものです。

例えば、住居費や光熱費の基本料金、保険代などです。
普通、節約というと電気をこまめに消すとか毎日の食費を減らすことをやりがちです。

しかし、それらは節約できる金額が少ないのです。
その割にやり続けることはかなりストレスも溜まるし消耗するのでおすすめはしません。

そこに手をつけるよりも保険を見直すとか、携帯を格安simに変えるとかした方が確実に効果が上がります。
なによりも一度見直すとそれ以降は特になにもしなくても月々自動で節約がてきます。
これならしストレスに感じたり消耗することがありません。

固定費を上手に見直すことができれば、月に5〜6千円浮かせることができます。
年間にすると6万円節約できることになり、けっこう助かろと思います。

給料以外の稼ぎ口を探しはじめる(稼ぐ)

節約することにより、お金が貯められるような状況になると、少しはお金に対する不安がやわらぐことでしょう。

そのようにコツコツとお金を貯めつつ、増やす方向へ移行できると、お金が増えるサイクルができだします。
そうなると、精神的にだいぶん楽になってきます。
そこで、節約ができたら次は収入が増えることを考えていきます。

その時に大事になってくる考え方は、収入口を複数もつことです。
複数というのは単純に数を増やすというのとではなく、種類の違う収入口を持つということです。

つまり、多くの人が持っている給与所得の他に事業所得をもっということです。
ここでは詳しい説明を省きますが、この2つは性質が違う収入手段です。
したがって、お互いのメリットデメリットを補完できるような状態にすることができます。

本業で給料をもらいつつ、副業を始めて事業所得が得られるように動きだすのです。

副業で結果が出るまでには時間がかかります。
なので、不安を感じたら今すぐ行動するのがいいでしょう。

まとめ

以上お金の不安を感じたらすぐに行動したほうがいい理由3つについて説明してきました。

  1. 現状を把握する(家計簿)
  2. 余分な支出を洗い出す(節約)
  3. 給料以外の稼ぎ口を探しはじめる(稼ぐ)

これらは、それほど難しいことではありません。
しかし、3は結果が出るまでに時間がかかります。
また、本当に切迫してくると行動に移すことがいちじるしく困難になってきます。
なので、

思い立ったが吉日

今すぐ始めていきましょう。

今回はここまでです。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

※noteもやってます。そちらも読んでくださると嬉しいです。
https://note.com/sky567/n/n6fe14bd7fdb0

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次